【愛媛・松山】ぽかぽか薬局と居宅介護支援事業所たいようを展開するフェスレックとは?

愛媛・松山エリアで、ぽかぽか薬局やみかわ薬局、居宅介護支援事業所たいようを運営する『株式会社FESREC(フェスレック)』。同じく薬局を運営する関連会社の『有限会社クリフ』とともに、地域貢献をテーマに事業を展開しています。在宅医療への関わりだけでなく、WEBショップの運営、薬局での野菜販売、地域唯一の薬局の存続に尽力するなど、フェスレックとクリフの地域貢献方法は実にユニーク!地域の方の健康と暮らしに寄り添うため、積極的にチャレンジする。そんな2社の展開するサービスを、今回は詳しくご紹介します。

【株式会社フェスレック】愛媛で薬局&居宅介護支援事業所を展開

まずはフェスレックの社名に込められた意味、3つの事業内容を詳しく見ていきましょう。

社名の由来は“従業員満足第一”と“地域貢献”!

『株式会社フェスレック』の拠点は愛媛県松山市。調剤薬局と居宅介護支援事業所の運営を通じて地域の医療・介護に貢献し、2023年で設立10周年を迎えました。

株式会社フェスレック 代表・三谷洋右(みたに ようすけ)さん

プロフィール

出身:愛媛県伊予郡砥部町
所有資格:薬剤師、ケアマネジャー、公認スポーツファーマシスト
薬剤師として大手ドラッグストアチェーンに勤務後、2013年に調剤薬局を運営する「株式会社FESREC(フェスレック)」を設立。「ぽかぽか薬局」(溝辺店・新居浜店)と「みかわ薬局」の3店舗のほか、「居宅介護支援事業所たいよう」を運営する。また、農産物販売・加工を行う「ひなたファーム」を立ち上げ、農業分野にも進出。関連会社の「株式会社クリフ」の代表も務め、「そよ風調剤薬局」「杖の淵調剤薬局」「おだ調剤薬局」を運営。

社名のFESREC(フェスレック)は代表である三谷さんの造語で、“従業員満足第一”“地域貢献”を組み合わせたものだそう。

FES:first employee satisfaction(従業員満足第一)
REC:regional contribution(地域貢献)

「まずは従業員が満足できないと、質の高い顧客サービスは提供できない」と語る三谷さん。従業員の満足が質の高い顧客サービスを実現させ、地域貢献につながる…そんな想いが社名に込められています。フェスレックの地域貢献には、従業員と地域の方、両方の満足が欠かせないのです。

▽フェスレック三谷代表のインタビュー記事はこちら

【薬局事業】フェスレック運営のぽかぽか薬局&みかわ薬局

フェスレックがメインとして展開するのが、薬局事業です。フェスレックのスタートとなった事業であり、最も実績のある事業でもあります。愛媛県内に3つある薬局の魅力を、それぞれ見ていきましょう。

フェスレックの第一号調剤薬局!ぽかぽか薬局 新居浜店

<ぽかぽか薬局 新居浜店>

『ぽかぽか薬局 新居浜店』は、フェスレックの第一号薬局です。通常の処方箋調剤に加え、在宅医療にも積極的に関わっているのが特徴。周辺の医療機関や介護施設と連携しながら、自宅や施設で過ごす高齢の方たちの生活を支えています。また、健康食品や地元農家から仕入れた野菜やお米なども販売していて、“地域の薬局”として親しまれています。

【ぽかぽか薬局 新居浜店】

所在地愛媛県新居浜市一宮町1丁目12-56
電話番号0897-47-7612
営業時間月・水・金曜日 9:00~18:30
火・木曜日   9:00~17:00
土曜日     9:00~13:00
定休日日・祝日・年末年始
mailpokapoka-niihama@aurora.ocn.ne.jp

WEBショップの運営も!ぽかぽか薬局 溝辺店

<ぽかぽか薬局 溝辺店>

『ぽかぽか薬局 溝辺店』は、対面での処方箋調剤や医薬品販売だけでなく、医薬品をメインに扱うWEBショップの運営も行っています。

ぽかぽか薬局 溝辺店のWEBショップ

新型コロナウイルスの影響で診療や調剤のオンライン化が進み、処方箋もデジタル化されつつある現在。三谷さんは「いずれはオンライン服薬指導も行われるようになる」と先を見越し、WEBショップを開設しました。地域の方だけでなく、関西や関東からの注文も多く、今後の新たな薬局の姿が見えてきます。

【ぽかぽか薬局 溝辺店】

所在地愛媛県松山市溝辺町甲627番地
電話番号089-948-4225
営業時間月・水・金曜日 9:00~18:00
火・木曜日   9:00~17:00
土曜日     9:00~12:30
定休日日・祝日・年末年始
WEBショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/pokapoka-yakkyoku/
mailpokapoka-mizonobe@themis.ocn.ne.jp

商品の工夫と在宅医療への取り組みで“なくてはならない存在”に!みかわ薬局

<みかわ薬局>

地区内唯一の薬局である『みかわ薬局』。薬剤師不足などの問題により一時は閉店の危機にあった薬局ですが、三谷さんが「地域密着の薬局をなくしたくない」と運営を引き継ぎました。地区内にはドラッグストアもないため、薬だけでなく健康食品や日用品まで取り扱い、商品の幅を広げています。また、周辺の医療機関や介護施設と連携しながら、在宅医療にも積極的に関わっているみかわ薬局。地域の“なくてはならない存在”として、人々の生活を支える役割を担っています。

【みかわ薬局】

所在地愛媛県上浮穴郡久万高原町上黒岩2933-1
電話番号0892-50-9070
営業時間平日  8:30〜17:30
土曜日 8:30〜12:30
定休日日・祝祭日・年末年始
mailmikawa@fesrec-japan.com

▽「ぽかぽか薬局」「みかわ薬局」の取り組みの詳細はこちら

▽「ぽかぽか薬局」に勤務する薬剤師さんのインタビュー記事はこちら

▽「ぽかぽか薬局」のLINEを活用したオンライン処方箋受付・服薬指導についての記事はこちら

【介護事業】単独居宅で利用者さん本位のケアプランを提供!居宅介護支援事業所たいよう

※イメージです

薬局事業に加え、介護事業にも力を入れているフェスレック。介護が必要な方が自宅で自立した生活を送るためのサポートを行う「居宅介護支援事業所たいよう」を運営しています。事業所の取り組み内容は、利用者さんの心身の状況や生活環境に合わせてケアプランを組むこと。サービスを提供する事業所や関連機関と連絡・調整を行い、“利用者さんにとって適切なサービス”を実現するためのサポート役を担っています。

介護分野に事業を拡大したきっかけは、三谷さんが薬剤師として薬局勤務だったときのこと。
ある常連さんが脳梗塞を発症し、入院、そして介護施設に入居。ご本人が動けないため、ご家族が薬の処方から受け取り、本人への受け渡しまで…との流れが大変だと感じた三谷さん。「もし自分がケアマネジャーなら、入院時も介護施設入居時も、一貫したサポートができるのでは」と、居宅介護支援事業所の設立を決意。

居宅介護支援事業所たいようは、グループ内で介護施設を運営していません。そのため、施設選択に縛りがなく、利用者さんの気持ちや状況に沿ったケアプランを幅広く提供できます。この選択肢の多さが、たいようが目指す“地域の方に貢献できる温かい介護”の実現につながっています。

▽「居宅介護支援事業所たいよう」にスポットを当てた記事はこちら

【農業支援事業】地域の農業を応援!ひなたファーム

「地元の農業を支援したい」という三谷さんの想いから、農業分野にも進出しているフェスレック。従業員の知り合いの農家さんに、薬局での販売を提案したのがきっかけとなったそうです。今では、松山市北部の北条エリアの提携農家からサツマイモをメインに仕入れ、毎年冬ごろから“自社加工の焼き芋”として販売しています。

2023年には、松山市内に“焼き芋自販機”を設置。特に評判の良い焼き芋は毎年楽しみにしているお客さんも多く、地域とのつながりを感じられる事業です。

▽「ひなたファーム」にスポットを当てた記事はこちら

【有限会社クリフ】松山・内子町で地域の方が頼れる“かかりつけ薬局”を運営

ここからは、フェスレックの関連会社『クリフ』をご紹介します。松山・内子町エリアで薬局を運営するクリフは、“利用者さんの安心と信頼を得て、地域医療に貢献すること”を目標に、店舗ごとに工夫を凝らして事業を展開しています。

【松山市樽味】ドライブスルー対応やLINE服薬フォロー、薬剤師の育成も!そよ風調剤薬局

<そよ風調剤薬局>

『そよ風調剤薬局』の特徴は、“ドライブスルー”での薬の受け渡しと、“LINE”での処方箋の事前受付です。車から降りずに薬を受け取れれば、体調の悪い方や妊娠中の方、子連れでの来店時もスムーズに。LINEで事前に処方箋を受け付ければ、待ち時間の短縮につながります。また、指導薬剤師も在籍。定期的に実習生を受け入れられる環境を生かし、薬剤師の育成にも力を入れています。

所在地愛媛県松山市樽味4丁目2-33
電話番号089-931-5720
営業時間月・火・水・金曜日 9:00~18:00
木曜日       9:00~17:00
土曜日       9:00~13:00
定休日日曜日
mailsoyokaze@lake.ocn.ne.jp

【松山市高井町】薬剤師の在宅訪問サービスで地域医療に貢献!杖の淵調剤薬局

<杖の淵調剤薬局>

『杖の淵調剤薬局』のモットーは、“相談しやすく信頼できる薬局”。利用者さんに薬を提供し、快適な生活と健康維持管理ができるよう日々努めています。ジェネリック医薬品をはじめ、幅広い薬を扱い、利用者さんの負担軽減を考えた提案も行います。また、薬剤師による在宅訪問サービスで地域に密着!自宅や施設で過ごす地域の方の、生活を支える存在として活躍しています。

所在地愛媛県松山市高井町1209-3
電話番号089-955-6331
営業時間月~金曜日 8:45~17:00
土曜日   8:45~12:30
定休日日曜日
mailj-cliph@tuba.ocn.ne.jp

【喜多郡内子町】地区唯一の薬局として“頼れる存在”を目指す!おだ調剤薬局

<おだ調剤薬局>

『おだ調剤薬局』が目指すのは、なくてはならない“頼れる薬局”。周辺地域に他の薬局やドラッグストアがないため、地域の方にとっては必要不可欠な存在です。取り扱う商品は、薬だけでなく健康食品や野菜の種、生活用品など幅広いのが強み。公式Instagramには、商品の紹介や小田地域の情報を掲載しています。

おだ調剤薬局では、電話診療・オンライン診療相談や薬の受け渡しにも力を入れています。遠方の医療機関への通院が難しい方、新型コロナウイルスの影響で外出が難しい方などのサポートも担う薬局です。

所在地愛媛県喜多郡内子町小田126
電話番号0892-50-1012
営業時間月~金曜日 8:15~16:30
土曜日   8:15~12:00
定休日日曜日
mailcliph@mirror.ocn.ne.jp

地域の方も、従業員の満足も!フェスレックとクリフの活躍に注目!

「地域の方にとって役立つサポートとは?」をとことん考える、フェスレックとクリフ。店舗や事業ごとに強みや地域貢献の方法は異なりますが、どれも“利用者さんの満足度を高めたい”との想いが共通しています。
愛媛で薬局や介護の仕事をしたい、地域貢献できる仕事をしたい、と検討中の方は、フェスレックとクリフの活躍にぜひ注目してくださいね!

【株式会社FESREC】

所在地愛媛県松山市姫原3-7-46-1009
電話番号089-904-1167

【有限会社クリフ】

所在地愛媛県松山市樽味4丁目2番33号
電話番号089-904-1167

この記事をシェアする